ブログ

いろいろ

梓みちよのナタラージュの歌詞をベタ起こしして見た

梓みちよナラタージュの歌詞をベタ起こしして見た

 

動機

 

最近、twitter上で梓みちよの『ナラタージュ』に関するツイートがバズっていた。

ある秘密を抱える女性(?)の半世紀についての歌だが、

とても衝撃的な内容だった。

思わず歌詞を検索して見たが、Web上には該当作品が見つからない。

そのため、テキスト化しておけば一定の需要があると見込んで記載する。

 

調査方法・基本情報

 

歌詞の取得は、動画からの書き起こしである。

そのため、本記載には誤りもあるかもしれないがご甘受いただきたい。

リリースは1970代後半だが、正確な年月日は不明

作詞:阿木燿子 作曲:筒美京平 編曲:かしぶち晢郎

 

当該動画は以下リンク

youtu.be

 

歌詞

 

ナタラージュ

 

おいおい話すけれど、出生の秘密は複雑で

上の兄貴と下の兄貴が、みんなが父親が違ってて

ママが女手一つで育てたわ

 

六つの齢には、母親の口紅盗んで化粧したの

ママと私とどっちが綺麗

頬をつねられ叱られたけれど

 

小学校でもよく目立ち

学芸会では主役もやった

ママは一度も来なかったけど

舞台衣装は似合っていたわ

 

(*繰り返し)

 

 

中学時代の初恋はスポーツクラブの上級生

中合わせで抱きしめられて

その子を小馬鹿に思っていたわ

 

 

 

(*繰り返し)

 

お酒のついでにごめんなさいね

もう少しだけ聞いてください

 

退学通知よ、学校の

私の方は未練はないわ

ママはその時あきらめ顔で

仕方がないと横を向いていたわ

 

愛する男ができた時

子供が欲しいと本気で思う

彼と二人で訪ねてみたら

ママは無言で泣いていた

 

(*繰り返し)

 

別れが嫌だと絡み合い

男はワイシャツ、真っ赤な色に染め上げた後

ママはその時死んでいた

 

(*繰り返し)

 

いよいよ話すけれど、出生の秘密は複雑で

上の兄貴と下の兄貴が、みんな男の子だったから

ママはそう女の子が欲しかった

 

ママ、アイ、ラヴ、ユー

ママをとっても愛せたなら

 

ママ、アイ、ラヴ、ユー

ママにとっても愛された

 

ところであなた今の今まで私を女だと思ってた?

 

(*繰り返し)

 

所感

 

あくまで本日は動画を聞いての書き起こしのため、

歌詞の正確さは保証できない。

また、曲のリリースの正確な年月日も不明。

詳細情報をご存知の方はコメント等でご一報を

 

以上